国分太一さんといえば、大人気ジャニーズグループTOKIOのメンバーの一人ですね。

現在もテレビで活躍されている国分さんですが、
実はデスモイド腫瘍という病気にかかっていたみたいなんです。

どんな病気なのか、どういった闘病生活があったのかに注目していきたいと思います。

さらに、ケンタロウさんとの料理がすごいと話題なのでそちらも合わせてどうぞ!

国分太一のデスモイドという病気はいったい何!?

国分太一 プロフィール

kokubun

国分さんが結婚されているという話は有名ですが、
デスモイド腫瘍という病気を患われていたということを
知っている方は少ないのではないでしょうか。

まずはデスモイド腫瘍という病気がどんなものなのかについて、
説明していきたいと思います。

デスモイド腫瘍とは、一般的には女性がかかりやすいとされているそうです。
良性の腫瘍の一種で、
100万人に対して年間で3、4人ほどがかかるとされている珍しい病気です。

腫瘍が良性であるとはいえ、
この腫瘍は腫瘍自体が硬いという特徴を持っているみたいなんですね。

なので、
放っておくと腫瘍がどんどん大きくなり体の臓器を圧迫してしまう危険性があるんです。

国分さん自身もこの腫瘍がどんどん大きくなっていったみたいですね。

国分さんの場合、腹部にこの腫瘍があったみたいですが、
デスモイド腫瘍は体のどこにでもできる可能性がある腫瘍みたいです。

良性の腫瘍であるとはいえ、腫瘍が大きくなってくると
体に痛みがでるようになるため日常生活に支障をきたすようにまります。

国分さんもどうやら腹部に痛みができてきたようで、手術に踏み切ったそうですね。

またこの腫瘍の危険なところとしては手術で取り除いたとしても
また再発してしまう危険性があるところなんです。

取り除いたとしても安心できないのは怖いですよね。

国分さんも手術でこの腫瘍を取り除いた後も
再発がしていないか定期的に診断を受けられていたことでしょう。

現在もテレビで活躍されているので、体調に関しては問題ないのかもしれませんが
病気になっていたことを考えると心配になってきますね。

今後も健康には気をつけて、テレビで活躍していってほしいですね!

sponsored link

 

ケンタロウとの料理の出来がすごい!?

まずは、ケンタロウさんを知らない方がいると思うので
どんな方なのか紹介しておきたいと思います!

 

cached

1661
写真を見て頂けたらわかるように、国分さんと料理の本も出版されている
料理研究家の方です。

2008年から国分さんと『男子ごはん』とう番組で一緒に出演されています。

番組のレシピ本『太一×ケンタロウ 男子ごはんの本』という本は
いくつもシリーズ化がされていて番組内で作った料理のレシピが掲載されています。

しかし残念なことに、ケンタロウさんはバイク事故を起こして大怪我を負ってしまいました。

かなりの大怪我だったようで、復帰のめどがたたず番組は降板されてしまったようですが
少しずつ体は回復してきているとこのことです。

降板されてしまったので、二人の料理を見ることはもうできませんが
国分さんはこの番組を通して、料理の腕がかなりあがっているそうです。

これは間違いなく、ケンタロウさんとの協力あってこその結果でしょうね!
とても美味しそうな料理がたくさん載っているので
興味のある方はこの本を一度手にとってみてはいかがでしょうか!